<< 着衣の少女の彫刻をポルノと中傷され発表の場を失ったドガmain差別発言をくりかえす石原都知事に媚びる週刊誌 >>

2010.11.23 Tuesday

さらに差別的になった東京都青少年条例改正案

 「非実在青少年」という語句などが話題になった東京都青少年条例改正案が、問題になった語句などを言い換えた形で再び都議会に提出されました。東京都は記者クラブに対して「条文を修正して規制対象を明確化」と説明したらしく、複数の新聞記事にはそう書かれていますが、実際の改正案条文では漫画の規制範囲が前回より広く不明確になっています。また、13歳未満の水着写真規制や、携帯フィルタリング強制の条文はほぼ前回と同内容で、青少年の表現の自由や知る権利を侵害しています。そして今回も東京都側は議会で審議される直前まで条文を公表していないので、山口貴士弁護士らがネット上に改正案を公開してくれています。
 当初案は、キャラクターながら18歳未満という年齢を定義の1つとしていたが、修正案は刑法に触れる性行為や近親相姦などを「不当に賛美しまたは誇張」した表現を対象にしており、キャラクターの年齢は関係がなくなっている。
 また、当初案では児童ポルノについて、都民は「何人もみだりに所持しない責務を有する」と定め、単純所持規制に踏み込んだ文言が盛り込まれていた。修正案ではこれを削除し、都民に対し「児童ポルノを根絶することについて理解を深め、その実現に向けた自主的な取り組みに努めるものとする」とした。当初案の「青少年性的視覚描写物のまん延防止」といった文言や、「まん延」の防止に向けた事業者と都民の活動を都が支援するよう努めるとした部分なども削除した。
 一方、「13歳未満の者であって衣服の全部もしくは一部を着けない状態または水着もしくは下着のみを着けた状態」の写真などについて、「青少年が性欲の対象として扱われることが青少年の心身に有害な影響を及ぼすことに留意し」、13歳未満がこうした写真や映像の対象にならないよう保護者と事業者に求め、都知事はこのうち「著しく扇情的なもの」に対しては保護者と事業者に必要な指導ができるとしている。
 修正案に対し、山口弁護士は、「不当に賛美しまたは誇張」の部分があいまいで不明確だと指摘。またTwitter上では、「キャラの年齢ではなく描かれた性行為で判断されるため、より広範な表現規制につながるのでは」といった批判が多い。
(2010.11.22 ITmedia News)
第七条中「青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがある」を「次の各号のいずれかに該当する」に改め、同条に次の各号を加える。
 一 青少年に対し、性的感情を刺激し、残虜性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの
 二 漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く)で、刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為又は婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交類似行為を、不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を妨げ、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの
第八条第一項第三号を第四号とし、第二号を第三号とし、第一号の次に次の一号を加える。
 二 販売され、若しくは頒布され、又は閲覧若しくは観覧に供されている図書類又は映画等で、その内容が、第七条第二号に該当するもののうち、強姦等の著しく社会規範に反する性交又は性交類似行為を、著しく不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を、著しく妨げるものとして、東京都規則で定める基準に該当し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあると認められるもの
----
(青少年を性欲の対象として扱う図書類等に係る保護者等の責務)
第十八条の六の三 保護者等は、児童ポルノ及び青少年のうち十三歳未満の者であって衣服の全部若しくは一部を着けない状態又は水着若しくは下着のみを着けた状態(これらと同等とみなされる状態を含む。)にあるものの扇情的な姿態を視覚により認識することができる方法でみだりに性欲の対象として描写した図書類(児童ポルノに該当するものを除く。)又は映画等において青少年が性欲の対象として扱われることが青少年の心身に有害な影響を及ぼすことに留意し、青少年が児童ポルノ及び当該図書類又は映画等の対象とならないように適切な保護監督及び教育に努めなければならない。
2 事業者は、その事業活動に関し、青少年のうち十三歳未満の者が前項の図書類又は映画等の対象にならないように努めなければならない。
3 知事は、保護者又は事業者が青少年のうち十三歳未満の者に係る第一項の図書類又は映画等で著しく扇情的なものとして東京都規則で定める基準に該当するものを販売し、若しくは頒布し、又はこれを閲覧若しくは観覧に供したと認めるときは、当該保護者又は事業者に対し必要な指導又は助言をすることができる。
4 知事は、前項の指導又は助言を行うため必要と認めるときは、保護者及び事業者に対し説明又は資料の提出を求めることができる。
(第百五十六号議案 東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例)
改正案PDF (2010.11.23 弁護士山口貴士大いに語る)
新旧対照表PDF(2010.11.22 青少年条例と児童ポルノ法改定による表現規制を考える 月刊『創』編集部)
ohkoshitkashi: 「なぜ実写を除くのか」→「じゃあ実写を含めて、範囲を拡大してもいいのですか?それでいいなら削除しますよ」 批判すると対象範囲が広まってしまうという。
(2010.11.22 行政書士 大越隆司 Twitter)
 この追加条文の問題点は以下のとおりです。
 第一に、規制対象が過度に広汎なことです。「刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為」には、強姦罪や強制わいせつ罪等(13歳未満との性交、性交類似行為は当然に強姦罪、強制わいせつ罪になる)だけではなく、いわゆる淫行条例違反、児童福祉法違反等も含まれます。したがいまして、18歳未満に見える、あるいは、設定年齢を18歳未満とするキャラクターを当事者とする性交若しくは性交類似行為は全てこれに該当することになり、「非実在青少年」規制は消えたように見えて残っています。
 しかも、否決された改正案とは違い、設定上18歳以上による「刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為」も規制対象になっています。この点では、むしろ、規制範囲は拡大しています。
 いわゆるボーイズラブも当然に該当します。
(2010.11.23 弁護士山口貴士大いに語る)
 ところが、櫻井氏はあくまでも「内容の規制ではなく描写の規制です」と説明する。
 たとえば、漫画で書かれたキャラクターが、18歳未満のキャラクターであるか、性交している男女が近親にあたるかは、セリフやナレーションなどの文字を読んでいかなければ分からない。
 だが、櫻井氏の見解では「描写=画像+セリフ」であり、内容規制ではないのだという。
 それでは、古典文学の名作『源氏物語』はどうだろう。よく知られているとおり、現在では触法するような性描写を数多く含んでいるし、幾度も漫画化されているのだが......。
「それも描写の内容によります。『源氏物語』の原作には、葵の上とヤッたとか明確に書かれているわけではない。それを、もし性器が露出していないにしても、微に入り細に入り描写したとすれば、それは単に『源氏物語』の呈を借りているだけのものと、判断されるでしょう。もちろん、個別の作品を読んでみなければわかりませんが......」(櫻井課長)
 櫻井課長は今回の条例案は「非実在青少年」問題で紛糾した前回と「言っていることは変わらない」ものだとも話す。
「前回の条例案は年齢などが描いてあるものの、どういった行為が当てはまるのか明確ではなかった。そこで今回の条例案では、施行規則で定める予定だったものを含めた形になっているんです」(櫻井課長)
(2010.11.23 日刊サイゾー 昼間たかし)
 東京都の櫻井美香青少年課課長は「内容の規制ではなく描写の規制です」と説明していますが、性行為を絵によって「微に入り細に入り描写した」漫画は改正前の現行の青少年条例で不健全指定されているので、今回の条例改正とは関係ありません。
 しかも櫻井課長は「前回と言っていることは変わらない」と説明しています。改正案提出前に都が問題視している出版物の例として提示した図書には直接的な性描写がない漫画『僕は妹に恋をする』『奥サマは小学生』があったことから解釈すると「刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為又は婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交類似行為を、不当に賛美し又は誇張するように」という条文はおそらく「露骨な性器描写や性交場面が画面になくても、強姦や近親相姦や低年齢性交を連想させる描写がある漫画は不健全指定」という意味なのでしょう。
「意見交換会の時に、さまざまな作品を見せて"これはどうなんだ"と問いただしたら、『僕は妹に恋をする』(小学館『少女コミック』掲載の少女マンガ)まで"近親相姦だからダメ"と言われた。意見交換じゃなくて査問みたいな感じでしたよ」(出版関係者)
(2010.11.17 日刊サイゾー 昼間たかし)
 そもそも「漫画、アニメーションその他の画像」と限定した条文なのに、具体的な絵の問題ではなく、セリフの言葉・設定まで「描写」として規制基準となるなら、小説と漫画を分けて規制する必要がありません。つまり、今回の改正案が通ってしまえば東京都は今後の青少年条例改正で漫画・アニメ以外の表現にも規制範囲を拡大しやすくなると考えられます。
 たとえば、親子間の性的虐待を描いた漫画はどうなるのでしょうか。ストーリーの一部には、加害者側の心情として「賛美し又は誇張する」表現が出てくるかもしれませんが、何をもって「不当」とするのでしょうか。
(2010.11.23 てっちゃんの生きづらさオンライン@Ameba 渋井哲也)
mittochi: 近親相姦がいけないのは当然。しかし『なぜいけないのか』といえば、家庭内での強者(大抵は親)が弱者(子供)を性的に搾取する結果になるから。つまり、規制されたり教育されたりする必要があるのは被害者である子供ではなく、加害者である大人の側であるはずです。
(2010.11.22 水戸 泉・小林来夏 Twitter)
ogi_fuji_npo: 人類の歴史において、「どんな性のあり方がタブーか」は、極めて流動的でした。異人種間の性交渉、同性間の性交渉、身分差のある者同士の性交渉、それらはどう扱われてきたでしょうか? 現実の禁忌であるからこそ、それを語ることには意味があります。社会は常に弁証法的に問われ続けるべきなのです。
----
ogi_fuji_npo: 東京には、近親間性交渉の結果誕生した人たちが暮らしている。彼ら一人一人に、「自分自身を語る権利」がある。何を肯定的に語るか、何を否定的に語るかを、石原さんに決める資格があるのだろうか? それとも石原さんは、そういった人々をガス室送りにでもしたいのだろうか?
(2010.11.22 荻野幸太郎 Twitter)
 2010年9月の東京都青少年健全育成審議会で、一部の委員が「男女より男と男のラブストーリーのほうが法律的にはよくない」という異常な発言をしていたことも、ブログ「反ヲタク国会議員リストメモ」などでとりあげられ話題になりました。日本の法律は聖書ではないので、同性間の恋愛を禁止する法律はありません。このように宗教と法律を混同している委員が、条例改正後に「刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為」を判断するようになることも問題なのですが、今回の条例改正案ではこの委員のような宗教道徳的意見に合わせて、違法ではない「婚姻を禁止されている近親者間における性交」を「刑罰法規に触れる性交」と同じ規制の枠に含め、条文が差別的になり宗教色を強めています。
 そして青少年条例の宗教色が強くなると同時に、規制反対派議員へのバッシングも激しくなっているようです。6月の都議会本会議でも、条例改正案に賛成する自民・公明の都議が、反対討論を行う女性都議を性的に中傷する差別的なヤジを飛ばしていたことが指摘されています。
○■■委員 2番、3番、4番は、今までと同じで本当にセックス描写が多くて指定やむなしですけれども、1番のここに書いてある男と男のラブストーリーといいますか、そういう意味で、絵だけ見たら男女の卑わいさというのは私としては余り感じないのですけれども、青少年に与える影響としては、男女より男と男のラブストーリーのほうが法律的にはよくないのかなと。それを奨励するというのはいけないんですかね。日本の法律としてはどうなんだろうと今考えてしまったんですけれども。
(2010.09.13 第604回 東京都青少年健全育成審議会 議事録)
 注目を集めた条例改正案は結局、6月16日の都議会本会議で否決された。しかし、それは極めて僅差の採決だった。賛成は都議会の与党・自民党と公明党で、合計議席数は61。反対の野党・民主党と共産党の合計議席数も61であり、3議席を持つ「生活者ネットワーク」が反対に回ったことによる辛うじての否決だった。
 その議場では劣勢に立たされた与党席から酷い野次が飛び、改正案への反対討論を行う女性都議に愚劣な罵声が浴びせられる始末だった。
「子どもの敵!」
「お前、痴漢されて喜んでるんだろっ!」
 少なくとも私の目には、それが「表現の自由」を踏み越えてまで「青少年の健全育成」を目指すに値する姿には見えなかった。
(「プレジデント」2010年7.19号 青木 理)(2010.07.01 雪沢村)


・関連
→ 着衣の少女の彫刻をポルノと中傷され発表の場を失ったドガ
→ 条例改正案を読まずに過剰規制を容認するのは危険
→ 不明確な基準で一般人を摘発する表現規制条例
→ 騒動を利用して、無関係な表現まで検閲しようとする団体
→ いつのまにか過剰になる表現規制
→ 通報されているものはほとんど児童ポルノではない

2017.10.15 Sunday

スポンサーサイト

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/11/25 2:52 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/12/03 7:50 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/12/11 10:43 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/12/16 6:06 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/12/19 2:05 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/12/24 8:32 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2010/12/28 3:21 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/01/02 3:51 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2011/01/16 2:18 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2010/11/26 5:05 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2010/11/25 6:18 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2010/11/25 4:34 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2010/11/24 2:47 AM
 このページの先頭へ