2010.02.27 Saturday

野田聖子が中絶禁止と養子縁組制度拡大を主張

 自民党の女性議員代表を自称し、次期自民党総裁選への出馬に意欲を示しているらしい野田聖子が、日経ビジネスのインタビューで中絶禁止を主張していた。
 今は理屈じゃなく、ありとあらゆる手立てを使って、去年より1人でも子どもを増やす努力をしなければいけない。私は、思い切って母体保護法に手をつける、つまり中絶禁止までコミットしてもいいぐらいの気持ちです。
 例えば私もかかっていた不妊治療は、助成金が出ます。でも体外受精児は新生児約100万人のうち年間に2万人弱です。
 一方、1年間の中絶件数は公称で20数万人と言われています。保険適用外なので実際には2〜3倍近い堕胎があるのではないかと、NPO(非営利団体)法人などが言っています。変な話、これを禁止したら、産まざるを得ない人が出てくる。
 もちろんこれは相当極端な話で、現実には難しいです。私が言いたいのは、それぐらい「えぐい」テーマにしないとだめだと言う事です。今は、まだ議論がきれいごとで終わっています。
 でも即効性を求めるなら、20万人のうちもし半分が中絶できなければ、10万人が生まれてきますよね? そういう極端な議論もひっくるめた、本気の、包括的な議論が必要だと言いたいのです。
 でもそういう真正面の議論は出来ない。自民党はずるくて、「中絶は女性の権利だ」と言って逃げていた。でも本来、女性の権利はちゃんと避妊できることで、中絶できることではない。問題をすり替えている。
 中絶を厳格化するのと引き換えにピルの自由化をしたら、適正に子どもが生まれてくるでしょう。でもなぜかしていない。ピルが認可されるまでに数十年かかりました。バイアグラは1年ぐらいで認可されたのに(笑)。
 少子化は、今ないものを作ること。保育園を作るなど「今いる人」向けの対策を施しても増えません。
(2010.02.15 自民党・野田聖子衆院議員インタビュー 日経ビジネスオンライン)
 以前の日本では中年夫婦の中絶件数が多かったので、近年の経口避妊薬(ピル)や緊急避妊薬(アフターピル)の普及によって人工妊娠中絶件数が減ったことは事実だが、避妊薬さえあれば「適正に子どもが生まれてくる」ということではない。
 野田聖子は「中絶を厳格化する」と言い換えているが、日本の母体保護法と刑法の堕胎罪を本当に厳格化した場合、ヨーロッパで最も厳しい中絶禁止法のあるキリスト教国・ポーランドとほぼ同じ状況になり、事後避妊法(アフターピル)すら使用できなくなる可能性もある。
 中絶禁止は人命より宗教倫理を重視する団体などが主張している政策で、女性にとって非常に問題が多い。法律で中絶が禁止されても、レイプ被害や避妊の失敗がなくなるわけではない。もし仮に相手の男性をいますぐ強姦罪で訴えなければ病院では中絶できないとしたら、妊娠した女性はさらに苦しい状況に追い込まれる。
 実際に中絶が禁止されているインドネシアのような国では、医師ではない者が中絶手術を行うため、医療機関による中絶手術よりはるかに危険が多くなっている。
 つまり中絶禁止は日本から中絶率統計をなくすと同時に女性の身の危険を増やすだけで、日本国民にとっては少子化を解決する政策にはならない。野田聖子は中絶禁止をエサにすれば選挙などで宗教団体の動員力を利用できると考えたのだろうか。
 開発途上国145か国のうち143か国で人工妊娠中絶が認められているなかで、インドネシアでは人工妊娠中絶が認められていない。たとえレイプによる妊娠であっても人工妊娠中絶は許されない。人工妊娠中絶が非合法であることは、安全な人工妊娠中絶へのアクセスを困難なものにし、望まない妊娠をした女性を危険にさらしている。
 インドネシアでは年間250万件の人工妊娠中絶が行われており、妊産婦死亡の10〜30%は安全でない人工妊娠中絶によると推計されている。
(東梅久子 『臨婦産』2006-11.p1412-1413 産科医療のこれから)
 〔米民間団体「Guttmacher Institute」の、世界の妊娠中絶に関する〕報告書は、「法的制限は妊娠中絶を止めることはできない。中絶手術を危険にしているだけだ」と述べ、「合法な中絶手術を受けられないためにあまりに多くの女性が毎年、重傷を負ったり死亡している」と警告した。
(2009.10.14 AFPBB)
昨年、中絶手術を受けるために英国を訪れたポーランド女性の数が1万人におよんでいることが明らかになった。英国のNHS(国民医療サービス)はこの費用として500万ポンドから1000万ポンドを費やしていることになるという。
これは女性と家族のためのポーランドの機関「the Polish Federation for Women and Family Planning」が発表したもの。ポーランドでは中絶手術が違法とされているため、短期労働者として働く外国人にもNHS番号(国民保険番号)を交付して医療サービスを提供し、妊娠24週まで中絶手術が可能である英国が渡航先として人気が高いという。
(2008.12.17 UK.TODAY)
 ─欧米では〔夫婦別姓が〕認められているのに、日本では認められないのは、ほかにも理由があるのですか。
野田 全体主義者の人たちが言う、自己主張をして、好き勝手をするのが個人主義なのではなくて、自己完結を目指して、自分がどういう風に社会と共生できるかを考えることなのです。それがなぜ、欧米で浸透して日本では駄目なのかと言うと、宗教観の違いでしょう。ブッシュ大統領もキリスト教原理主義者で、イエス様に自分自身のお伺いを立てています。日本は八百万(やおよろず)の神で、宗教感覚が希薄ですから、なかなか浸透しないのです。
----
 ─海外では少子化対策をどうしているのですか。
野田 アメリカの大統領選でも議論になりましたが、中絶に関して、日本は鷹揚です。日本では年間30万件くらいの中絶がありますが、決してふしだらだからではありません。それぞれに経済的な事情などがあって、本当は産みたいが、そうせざるを得ない理由がある人が大半です。他国がなぜ中絶に厳しいかと言うと、それをしなくてもよいような制度があるからです。例えば匿名養子という制度があって、生まれた子供を子のない夫婦が養子縁組できるのです。
(野田聖子 『経済界』2005年4月号)
 一般的な感覚では「キリスト教原理主義者」という表現は否定的に使われるが、このインタビューでは野田聖子はまるでキリスト教原理主義の宗教観を美化するために「ブッシュ大統領もキリスト教原理主義者」と発言しているように見える。
 「中絶を厳格化する」という野田聖子の発言を「前後の文脈から見て本気ではないだろう」とブログなどで擁護している人もいたが、複数のインタビューやコラムなどでの発言をまとめると、どうやらキリスト教国を見習って中絶をほとんど禁止し、生まれた子供を育てられない親を増やすことで養子縁組や里親制度の条件を緩和させたいというのが野田聖子の持論らしい。
 ところが里親制度の先進国イギリスでは、性教育が義務化されていないため、避妊も中絶もせずに育てられない子供を産んでしまう女性が多すぎて、里親制度はすでに破綻して養育放棄や児童虐待が拡大しているのが実情。野田聖子は養子縁組や里親制度のことを、まるで不妊の夫婦に子供を提供してくれるシステムのように語っているが、むやみに里親の条件を緩和しても養育放棄や児童虐待が拡大するという現実をどう考えているのだろうか。
英国政府が一部出資しているチャンネル4が製作・放映したドキュメンタリー「Lost in Care」によれば、英国政府は現在、里親(フォスターファミリー)の限界を認識し、ドイツ型の小規模&家庭的養護施設(グループホームの事ですね)に注目しており、実験的な新タイプの養護施設をエセックス州を中心に設立し始めたといいます。
その英国政府と英国民が認識した里親(フォスターファミリー)の限界とは
----
(2)養育の現場が一般家庭同様に閉ざされた(他人のいない)場所であることから、預かった子供に虐待を加えたり、養育を放棄する里親があり、英国ではそうした事件が実の親による虐待事件と同じぐらい問題になっている。
(2009.12.12 はばたけ! 養護施設出身者)
それなりに信頼して預けた育児のベテラン・プロと思われる養育者でも苦労するケースが多い。
----
野田聖子は、自身が「養親になれない理由」を嘆くばかり。可哀想とか、自分なら育てられる、みたいな「善意」や「母性本能」や「意欲」をアピールしたところで、問題は解決しないだろう。
(2008.02.04 野田聖子の乳児院視察に「苦笑」 - 倫敦橋の番外地)


・関連
→ 青少年のセックスは法律で禁止しても減らない
→ 宗教右派の危険性
→ 性道徳だけ教えても性感染症予防にはならない

2010.01.24 Sunday

不明確な基準で一般人を摘発する表現規制条例

 東京都神奈川県愛知県などでまた条例による表現規制強化が検討されているという。
 従来の青少年条例などによる表現規制は制作者側・販売店側に対する締め付けだったが、近年は一般人に対する規制として単純所持罪やネット利用制限義務化などを求める条例案が多くなっている。警察側にとっては、規制基準が不明確で一般人を対象にした法律のほうが摘発件数を稼ぎやすいという利点もある。
 たとえば愛知県は0歳から30歳までの「青少年」のネット利用等を制限するかのような計画案を発表して非難され、後から説明を補足した。
 ネットで話題になったのは「あいち子ども・若者育成計画2010(仮称)(案)」。青少年の健全育成を行うための案で、ここでの子ども・若者の範囲は、「0歳からおおむね30歳未満」、社会的自立が困難な30代も含まれる、という。
 「あいち子ども・若者育成計画」で最も批判を浴びたのが、未成年と20代30代を同列で扱っているのではないか、という点。「子ども・若者を取り巻く社会環境の健全化」の欄には、
  「子どもや若者の判断力を向上させる教育や、保護者の理解を深める啓発が必要だ」
という提言がある。理由は、残酷な暴力シーンや露骨な性描写のある雑誌やゲームソフトが氾濫しているほか、出会い系などネットに有害情報が流れているため、携帯電話等のフィルタリングを強化することが必要、などと書かれている。
(2010/1/22 J-CASTニュース)
 この「子ども・若者」の範囲は、従来の「青少年」と同じく0歳からおおむね30歳までとしておりますが、施策によってその対象となる者が異なる場合があります。
(愛知県 県民生活部 社会活動推進課 青少年グループ)
 日本キリスト教婦人矯風会などの飲酒を罪とする教義の宗教団体は、大正から昭和にかけて、未成年者飲酒禁止法の対象年齢を「25歳未満」に引き上げる法案を提出し続けていた。つまり未成年者に対する規制をつくってから対象年齢を段階的に引き上げて全年齢に対象を広げる計画は宗教議員による規制強化の常套手段で、補足説明はその場しのぎの言い訳にすぎない。また、他の自治体でも愛知県のような計画案が出される可能性もあるだろう。
「25歳未満者の禁酒法案」とは、大日本帝国議会に提出された「未成年者飲酒禁止法中改正法律案」を指す。これは「未成年者飲酒禁止法」を「飲酒取締法」とし、それまでの取締対象であった「未成年者」を「25歳未満ノ者」へ改正すること等を目的とするもので、大正15年(1926)に提出されていたが成立には至らず、以来、毎議会に提出し続けられたのである。
(2008.08 国税庁 NETWORK租税史料)

 有罪となる基準が不明確な表現規制が話題になっても「自分には関係ないはずだ」「どうせ法律に従うしかないのだから法律ができてから考えればいい」などと無関心な人は多いようだ。しかし販売目的以外で家族の写真をただ持っていただけの一般人が明確な基準もなく逮捕されかねない児童ポルノ法改正案や青少年条例は、拡大解釈や冤罪につながりやすいので一般家庭にも影響がある。また、地方自治体の規制条例が原因で、他の法律の規制基準まで変わってしまうこともある。
 元「写真時代」編集長の末井昭インタビューが、雑誌「d/sign デザイン no.17」に掲載されている。「写真時代」は1981年に白夜書房から創刊された写真雑誌で、荒木経惟や森山大道など著名な写真家の作品を数多く掲載していた。警視庁の考える「猥褻の基準」を守っていたはずの「写真時代」が1988年に猥褻図画販売容疑で警視庁から回収命令を受けて廃刊となった経緯について、以前のインタビューよりさらに詳しく語られている。数年後に出版界はヘアヌード解禁という状況になる時代だったのに、自治体条例による不明確な表現規制強化が、ヘアも出してなかった写真雑誌の摘発につながったらしい。
──『写真時代』は、88年までつづきます。『写真時代』が終わるのは、発禁問題によってですか。
末井 まさかと思ったんです。それまでもぼくは、警視庁に毎月のように呼ばれてたんです。そのころはまだ「警告」というシステムがあって、警視庁の保安一課風紀一係というところが毎月何誌か買ってくれて、エロ度のキツい雑誌の会社に電話して、「おたくの雑誌はちょっとヤバイですよ」と。ヤバイとは言わないか(笑)、「ワイセツ性がある」と。で、言われた日に警視庁に行って、始末書を書くんです。「何ページが不適当だと指摘されました、今後そういうことは一切いたしません」というのを書いて帰ってくるんです。そして次の月、また呼ばれる(笑)。同じことをくり返すわけ。なぜそれがいいかというと、向こうの考えがわかるんですね、ワイセツの基準が。「ここから先はマズいよ」というギリギリの線が読めてくる。そのギリギリの線で、こっちも勝負してますから。
──以下のような気持ちですね。
【僕の場合、ワイセツはいけないという法律をいかに守ってワイセツなことができるか、というアイディアを考えたりすることが好きなので、僕は刑法一七五条というものはあったほうが面白いと思っている】(『素敵なダイナマイト・スキャンダル』)
末井 ところが、ある時期から、地方の婦人団体みたいなところから電話が来ることが多くなったんですよ。「私たちは健全な青少年を育成する会ですけど、おたくの雑誌はどういう方針で編集されてるんですか」って。「え、方針?」方針と言われてもね(笑)。さらに、県条例にもひっかかるようになって、対警視庁との関係だけだったらわかりやすかったんですけど、神奈川県や宮城県から電話がくるみたいになって。そうなると、どこを基準に自主規制すればいいのかがわかんなくなるんです。バクゼンと自主規制しなければいけなくなり、雑誌にもエネルギーがなくなるんです。ちょっと飽きてたし、もうやめたいなぁと思っていたころ、いきなり発禁ですよ。警視庁のこれまでとは違う遊軍みたいな部署から来たんです。そういう部署があるのも、知らなかったから、すごくビックリして。風紀一係もビックリしてるんです。仲良くしてましたから。
(2009.12「d/sign デザイン no.17」P134 末井昭、聞き手=鈴木一誌)

評価:
赤瀬川 原平,木村 裕治,寄藤 文平,中村 勇吾,末井 昭,中谷 礼仁,松田 行正,坂手 洋二,石川 初,喜多 千草,鈴木 一誌
太田出版
¥ 1,944
(2009-12-03)

2010.01.15 Friday

元アメリカ共和党大統領予備選候補として知られるキリスト教指導者「ハイチ地震は神罰」と発言

 扇動的かつ過激な発言で知られる米キリスト教保守派のテレビ伝道師パット・ロバートソン氏が13日、自身が持つ番組内で、ハイチで起こった大地震は「独立を求めて悪魔と契約したことに対する神罰だ」と述べ、物議を醸している。
 カリブ海の島国ハイチでは12日、首都ポルトープランス近くを震源とするマグニチュード(M)7.0の地震が発生し、壊滅的な被害を受けた。死者は数万人に達する恐れがあり、国民の3分の1に当たる300万人が被災しているとの情報もある。
 ロバートソン氏は、地震による悲劇は「ずっと昔の、ハイチの人々が長らく話したがらなかったこと」によって引き起こされたと切り出し、「かつてハイチは、フランスに虐げられていた。そこで人々が悪魔に、フランスから自由にしてくれたら言うことを聞くと約束。悪魔が『よし、それは契約だ』と請け負った。本当の話だ」などと述べた。
 さらに、「ハイチでは反乱が起こって自由となったが、その後は次々と呪いに見舞われている」と続け、情勢が安定しない理由だと説明している。
 ロバートソン氏は過去にも同様の発言を繰り返し、批判を受けている。イスラエルのシャロン首相が倒れた際にも「神罰が下った」と発言し、謝罪を表明した。また、米国内で同性結婚や中絶が合法化された際には、テロ攻撃や自然災害が引き起こされると語り、その後に米ルイジアナ州を大型ハリケーン「カトリーナ」が襲ったことから、自分の予言通りだなどとしていた。
(2010.01.14 CNN.co.jp)
 クリスチャン・コアリション〔キリスト教連合〕は、1989年9月、元共和党代表候補であり、ジェリー・ファルウェル同様、テレビ伝道師で知られたパット・ロバートソンが、会員25万人を集めて設立する。発足以後、目覚ましい発展を遂げ、「共和党最大の利益団体」に成長する。現在の会員数は200万人程度とされ、共鳴者も含めると共和党固定支持票の3分の1を占める勢力と言われている。
 クリスチャン・コアリションは共和党を乗っ取るという明確な目標を持っており、大統領選のプロセスにおける影響力は絶大である。
(2002.11.19 萬晩報 園田義明)
「CBN〔キリスト教専門放送局 クリスチャン・ブロードキャスティング・ネットワーク〕の使命は、世界をキリストの再来に備え、この世に永久に続く神の王国を築くこと」
 ロバートソン氏は、八八年に共和党大統領候補に出馬し、失敗。翌年、その組織と主張を引き継いで発足したのが「キリスト教徒連合」である。CBNと連合は別組織の形態を取っているが、氏と連合の主張は矛盾することがない。
(1996.3.11 AERA 烏賀陽弘道)
 日本のキリスト教団体のサイトにもよく書かれている「神の国」「キリストの再来」というのは、世界の破滅を待望し、信者だけが楽園に生き残れるというカルト思想。共和党の副大統領候補だったサラ・ペイリンも世界の終末を待望するペンテコステ派教会の信者だという。アメリカの大統領選挙ではこんなカルト信者たちが多大な影響力を持っているらしい。
 福音派のいう「携挙」とは、ある日突然、「真のクリスチャン」だけが、神さまの放ったビームでビビビビビと地上から天国にストレートで移送される、という現象だ。
----
 福音派の考えるハルマゲドンは、流派によって違いは多少あるが、簡単に言って次のように要約できる。
1)「携挙」が起こって福音派の皆さんだけが天国にビームアップされる。
2)残された(=「レフト・ビハインド」)人たちは大混乱に陥り、各地で紛争が頻発する。
3)そんな中、ヨーロッパから世界の統合を唱える人物が登場するが、実はこいつがアンチキリスト。
4)アンチキリストの策謀でイスラエルを舞台に第三次世界大戦ハルマゲドンが勃発、地上が地獄になる。
5)さんざんひどいことがあってみんなバタバタ死んだあとで、神パワーが地上に楽園をもたらし、
6)ビームアップされていた福音派の皆さんとジーザスが地上に降りてきて、みんなで面白おかしく永遠に楽しく過ごしましたとさ。
(2007.12.07 高橋ヨシキの悪魔の映画史)

・関連
→ 宗教右翼を煽動したジェリー・ファウエルの残した妄言
→ 宗教右派の危険性
→ 性道徳だけ教えても性感染症予防にはならない


<<back|<123456789>|next>>
 このページの先頭へ